HOME > 国内の旅・趣味の旅 > カルチャーツアー > 日本の近代遺産を巡る 世界文化遺産の軍艦島(端島)と長崎港・諫早の文化財巡り

3日間

長崎

日本の近代遺産を巡る 世界文化遺産の軍艦島(端島)と長崎港・諫早の文化財巡り

■コース番号:4604

新コース

日本の近代遺産を巡る 世界文化遺産の軍艦島(端島)と長崎港・諫早の文化財巡り
写真:軍艦島(空撮)(イメージ)/写真提供:((一社)長崎県観光連盟)
カルチャーツアー

江戸時代唯一の海外貿易港で近代化遺産が残る港町

ツアーの見どころ

☆江戸時代から明治時代に栄えた文化財を探訪することにより長崎港の歴史を知ることができる
・出島(江戸時代)・戸町番所(江戸時代初期)・魚見岳台場(江戸時代中後期)・四郎ヶ島台場(幕末)
・小菅修船場跡(明治維新期)・軍艦島・高島(明治時代)
☆個人で見学しにくい長崎造船所の旧木型場や四郎ヶ島台場跡を見学
☆宿泊はお一人の時間に配慮した2連泊の1人部屋利用

【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年3月20日(水) 1名1室 128,000円 催行決定 お申込み
写真:出島(イメージ)/写真提供:((一社)長崎県観光連盟)写真:出島(イメージ)/写真提供:((一社)長崎県観光連盟)

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員15名/添乗員同行します。
貸切バス会社名 ラッキーバスまたは同等クラス
■食事条件 朝食:2回、昼食:2回、夕食:1回
■宿泊施設 長崎市・コンフォートホテル長崎(1名1室)
  • 基本スケジュール
  • ここがポイント!
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 伊丹空港(午前)発→長崎空港=○南蛮船来航の波止場碑(元亀2年にポルトガル船が来航した場所)…○長崎奉行所(西役所)址(長崎奉行所2ケ所のうちの一つ)…○出島(国史跡。江戸時代に日本で唯一ヨーロッパに開かれていた貿易の窓口)…元船桟橋~○高島(上陸観光。石炭資料館を見学)~○軍艦島(端島)(上陸観光。世界遺産)~元船桟橋…長崎市(泊) ×
2日目 =○四郎ヶ島台場址(国史跡。長崎港外の警備強化のため、佐賀藩によって嘉永3年<1853年>に築かれた台場。石垣が残る。今回は許可を得て特別に見学)=○魚見岳台場址(国史跡。文化9年<1812年>に完成した台場。石垣が残る)=○戸町番所址(寛永年間、幕府は筑前藩と佐賀藩に対して隔年交代で長崎港の警備に当たることを命じた。そのための番所)…○小菅修船場址(世界遺産。薩摩藩とT・グラバーによって明治元年<1868年>に建設された西洋式スリップドック)=◎三菱重工業長崎造船所の旧木型場(世界遺産。明治31年<1898年>に建設された。長崎造船所に現存する最も古い工場建屋)=◎長崎歴史文化博物館(鎖国時代に海外への窓口だった長崎の様子を知る貴重な資料を展示)…○長崎奉行所(立山役所)址(長崎奉行所2ケ所のうちの一つ)=◎グラバー園(世界遺産のグラバー邸をはじめ国の重要文化財の住宅3棟などがある)…○オランダ坂(幕末の旧居留地時代に造られた石畳の坂道・石段)…長崎市(泊)

×
3日目 =○真崎城址(諫早市。戦国時代初期に志々岐四郎右衛門によって築かれた城址。比高70m)=○眼鏡橋(石橋としては日本で初めて国の重要文化財に指定された)…○諫早城址(西郷氏の城址。現在は公園として整備されている。比高30m)…○諫早陣屋・御書院(元禄12年<1699年>に龍造寺氏の分家<諫早氏>によって築かれた陣屋)=○久山城址(大村湾を見渡す要所に築かれた城址。現在は公園として整備されている。比高90m)=長崎空港→伊丹空港(午後)着

×

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

 長崎港は、元亀2年(1571年)にポルトガル船が来航して以来、海外貿易港として著しい発展を遂げました。16世紀の終わりごろには、すでに南蛮貿易の拠点として栄え、江戸時代初期には朱印船貿易の基地となりました。鎖国時代には出島と唐人屋敷が設けられ、オランダ・中国との唯一の貿易港でした。一方で、海上防衛のため長崎湾の内外に番所や台場が建設されました。開国後の安政6年(1859年)には函館、横浜と並んで開港場に。明治時代になると造船業や石炭産業で栄え、軍艦島(端島)や高島などの貴重な遺産があります。一方、諫早は、長崎街道の宿場や番所があり、多良街道、島原街道の分岐点に位置するなど、陸路の交通の要衝として重要な役割を果たし、中世には多くの城址が築かれました。
【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年3月20日(水) 1名1室 128,000円 催行決定 お申込み

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
お問い合わせ ・ お申し込みのFAXフォームのダウンロード
お問い合わせフォーム
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

毎日新聞旅行のパンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
毎日山の旅国内登山、海外登山、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年11月〜2019年5月出発を掲載)
「毎日文化探訪の旅」パンフレット
毎日文化探訪の旅城郭・歴史の旅、講師同行ツアー、海外旅行掲載のパンフレットです。(2019年1月~7月出発を掲載)
その他「旬の旅」、「毎日霊場巡拝の旅」のパンフレットがございます。
無料でお送りいたしますので、お気軽にお申込みください。

毎日新聞旅行のパンフレット申込み

関西大阪発

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ