HOME > 国内の旅・趣味の旅 > カルチャーツアー > 伝統的建造物群保存地区の町並みをめぐる塩飽本島の笠島の町並み 

日帰り

香川・岡山

伝統的建造物群保存地区の町並みをめぐる
塩飽本島の笠島の町並み 

■コース番号:4763

新コース

伝統的建造物群保存地区の町並みをめぐる<br>塩飽本島の笠島の町並み 
写真:笠島(イメージ)
カルチャーツアー

 島民の自治が認められた塩飽水軍本拠地の島

 

大小28の島々から成る塩飽諸島は、古くから海運・廻船で知られた塩飽水軍の本拠地でした。秀吉にも家康にも重んじられて自治が認められ、江戸時代の自治の政庁だったのが本島の泊にある塩飽勤番所です。江戸時代中期以降は、船大工の技術を生かして中国地方を中心に活躍しました。周囲16kmの本島は瀬戸大橋の西側に浮かんでおり、現在、島の玄関口は泊港ですが、かつては笠島港でした。笠島の集落は重要伝統的建造物保存地区に指定されています。

【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年1月23日(水) 12,800円 催行決定 受付終了

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員12名/添乗員同行します。
貸切バス会社名 千里山バスまたは寝屋川バスまたは同等クラス
■食事条件 昼食:1回 
  • 基本スケジュール
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 大阪梅田8時発=◎むかし下津井問屋(下津井港の明治時代の回船問屋の建物を復元した資料館)=児島観光港~<貸切船>~本島泊港…◎塩飽勤番所(表に堀を巡らせ、敷地の三方を約42mの土塀で囲んでいる。現在は資料館)…○笠島集落(江戸時代から明治時代の建物が30棟余り残っている)…笠島港~<貸切船>~児島観光港=梅田18時ごろ着

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年1月23日(水) 12,800円 催行決定 受付終了

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
お問い合わせ ・ お申し込みのFAXフォームのダウンロード
お問い合わせフォーム
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

毎日新聞旅行のパンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
毎日山の旅国内登山、海外登山、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年11月〜2019年5月出発を掲載)
「毎日文化探訪の旅」パンフレット
毎日文化探訪の旅城郭・歴史の旅、講師同行ツアー、海外旅行掲載のパンフレットです。(2019年1月~7月出発を掲載)
その他「旬の旅」、「毎日霊場巡拝の旅」のパンフレットがございます。
無料でお送りいたしますので、お気軽にお申込みください。

毎日新聞旅行のパンフレット申込み

関西大阪発

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ