HOME > 国内の旅・趣味の旅 > 講師同行ツアー > 大沼芳幸先生とゆっくり味わう回峰行の道 比叡を降る

日帰り

滋賀

大沼芳幸先生とゆっくり味わう回峰行の道
比叡を降る

■コース番号:4660

新コース

大沼芳幸先生とゆっくり味わう回峰行の道<br>
比叡を降る
写真:横川中堂(イメージ)
講師同行ツアー

比叡山の行者道は、貞観7年(865年)に行者第1号の相応和尚が開いたといわれます。広大な境内は、地域別に東塔、西塔、横川と区分されこの3地区を三塔と呼びます。三塔をめぐり、ふもとの日吉大社まで下り、滋賀院を経て急坂を上って東塔にある明王堂へ。1周約30kmの難路。この道を雨の日も風の日も休まず、7年間で千日間歩きとおした僧を大行満大阿闍梨と呼びます。
今回のシリーズでは大沼先生の案内により、本来、阿闍梨様が1周7時間で歩く回峰行の道を3回に分けてゆっくりと歩きます。

回峰行の道の第3回目は、横川から日吉大社まで比叡山を下ります。横川中堂や天海ゆかりの滋賀院の釈迦堂を見学し、スタート地の日吉大社を目指します。

【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年7月10日(水) 12,800円 募集中 お申込み

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員12名/添乗員同行します。
貸切バス会社名 寝屋川バスまたは千里山バスまたは同等クラス
■食事条件 昼食:1回(弁当)
■講師及び指導

大沼 芳幸さん(元安土城考古博物館副館長)
佛教大学博士後期課程中退。滋賀県教育委員会文化財専門職員などを務め安土城跡、近江国庁跡などの発掘調査を担当した。現在、滋賀県文化財保護協会普及専門員、「近江ヒストリカルマイスター」。琵琶湖をめぐる文化史を考古・歴史・美術・民俗・漁業・環境など幅広い視点から研究し普及活動を行っている。また精神文化史の視点から独特の城郭論を展開し、白洲正子の著作を通して琵琶湖の文化の魅力も発信している。

  • 基本スケジュール
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 大阪梅田8時=横川駐車場…◎横川中堂(横川の本堂にあたる台造りで全体的に見て船が浮かんでいる姿に見えるのが特徴)…○日吉大社奥宮(日吉0大社の原点となる場所)…日吉大社…◎滋賀院(元和元年(1615年)江戸幕府に仕え「黒衣の宰相」とも称された天海が、後陽成天皇から京都法勝寺を下賜されてこの地に建立した寺)…日吉大社駐車場=梅田16時30分ごろ着

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年7月10日(水) 12,800円 募集中 お申込み

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
お問い合わせ ・ お申し込みのFAXフォームのダウンロード
お問い合わせフォーム
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

毎日新聞旅行のパンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
毎日山の旅国内登山、海外登山、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年11月〜2019年5月出発を掲載)
「毎日文化探訪の旅」パンフレット
毎日文化探訪の旅城郭・歴史の旅、講師同行ツアー、海外旅行掲載のパンフレットです。(2019年1月~7月出発を掲載)
その他「旬の旅」、「毎日霊場巡拝の旅」のパンフレットがございます。
無料でお送りいたしますので、お気軽にお申込みください。

毎日新聞旅行のパンフレット申込み

関西大阪発

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ