HOME > 国内の旅・趣味の旅 > 歴史を変えた瞬間 > 日露戦争と秋山兄弟

3日間

愛媛

日露戦争と秋山兄弟

■コース番号:4699

新コース

日露戦争と秋山兄弟
写真:秋山兄弟生誕地(イメージ)
歴史を変えた瞬間

明治維新から日露戦争までを描いた小説の舞台へ

 

1868年1月、明治新政府が樹立され、日本は近代化へ進んでいきます。国家の経済を発展させて軍事力の増強を促す政策「富国強兵」を掲げて、欧米列強による支配を防ぎ、列強に追いつき肩を並べることを目標としました。朝鮮半島の権益を巡って清と戦った「日清戦争」に勝利。1895年4月17日、下関条約を締結して清と講和し、これにより遼東半島が日本に割譲されました。しかし4月23日、フランス、ドイツ帝国、ロシア帝国の3国が日本に対し遼東半島を清に返還することを求めます(三国干渉)。特にロシアは、南下政策を取り満州における権益拡大を図っており、遼東半島を日本に奪われることで南満州の海への出口を失うことを恐れ、日本の満州進出阻止を目論んだとも言われています。日本は要求に従い、遼東半島の領有を断念しました。

1900年の義和団の乱の後、ロシアは遼東半島を租借。旅順はロシア海軍の太平洋艦隊の根拠地となり、軍港・要塞として開発されるのです。さらにロシアは朝鮮半島に圧力をかけるのでした。日本は1903年(明治36年)4月21日、京都にあった山縣有朋の別荘・無鄰菴で「満洲問題に対しては我に於て露國の優越権を認め、之を機として朝鮮問題を根本的に解決する」との方針を打ち出します。しかしロシアは、朝鮮半島の北緯39度以北を中立地帯とし軍事目的での利用を禁ずるという、日本が受け入れがたい提案を行ったのです。これを受け日本は開戦を決定し、1904年2月8日、旅順港にいたロシア艦隊に対し駆逐艦の奇襲攻撃(旅順口攻撃)を行うのでした(日露戦争)。

この戦いにおいて活躍したのが、秋山兄弟(秋山好古・秋山真之)です。好古は騎兵第1旅団長として出征し騎兵戦術を駆使してロシア軍と戦い、真之は連合艦隊先任参謀として日本海海戦の勝利に貢献しました。その秋山兄弟の生誕地などを巡ります。

本コースと同じテーマの海外ツア-として「旅順・大連 日露戦争の軌跡を辿る4日間」があります。ぜひご参加をご検討ください。

【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年4月03日(水) 1名1室 79,800円 募集中 お申込み
写真:松山城(イメージ)写真:松山城(イメージ)

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員15名/添乗員同行します。
貸切バス会社 千里山バスまたは寝屋川バスまたは同等クラス
■食事条件 朝食:2回、昼食:1回、夕食:1回
■宿泊施設 【1】松山市・全日空ホテル松山(1名1室)
【2】今治市・今治国際ホテル(1名1室)
  • 基本スケジュール
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 大阪梅田8時発=◎松山城(日本百名城。小説『坂の上の雲』の冒頭に描かれている。秋山兄弟の父親は松山藩士)…◎二之丸史跡庭園(松山藩主の邸宅址を史跡庭園として整備)…〇番町遺跡(松山藩士が住んでいた武家屋敷などが見つかっている)…◎萬翠荘(松山藩主・久松(松平)家の別邸として大正時代に建築された純フランス風の洋館)…◎坂の上の雲ミュージアム(『坂の上の雲』のまちづくりの中核施設。秋山家や正岡家ゆかりの品などが展示されている)…松山市(泊) ×
2日目 =〇田丸橋(のどかな山里の風景に溶け込む屋根付き橋。ドラマ『坂の上の雲』のロケ地として選ばれた)=〇秋山好古・真之の銅像=〇ロシア兵墓地(日露戦争時、日本で初めて松山にロシア兵捕虜収容所がつくられ、異国の地で生涯を終えたロシア兵を埋葬した墓地)=〇正岡子規誕生邸址(現在は「正岡子規誕生邸址」の石柱が建つ)…子規堂(子規が上京する17歳まで暮らしていた湊町の住居を復元している)=〇秋山兄弟生誕地(原形に近い形で生家が復元されている)=〇秋山好古墓=今治市(泊)

×
3日目 …◎今治城址(日本百名城。藩主は伊予松山藩の久松(松平)家の分家。松山藩と違い戊辰戦争で官軍方として行動する)=波止浜港~小島港…小島要塞跡(日清戦争当時、日露戦争を予感した大日本帝国がロシア海軍の侵攻を防ぐために築いた海岸要塞)…小島港~波止浜港=梅田18時ごろ着
×

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年4月03日(水) 1名1室 79,800円 募集中 お申込み

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
お問い合わせ ・ お申し込みのFAXフォームのダウンロード
お問い合わせフォーム
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

毎日新聞旅行のパンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
毎日山の旅国内登山、海外登山、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年11月〜2019年5月出発を掲載)
「毎日文化探訪の旅」パンフレット
毎日文化探訪の旅城郭・歴史の旅、講師同行ツアー、海外旅行掲載のパンフレットです。(2019年1月~7月出発を掲載)
その他「旬の旅」、「毎日霊場巡拝の旅」のパンフレットがございます。
無料でお送りいたしますので、お気軽にお申込みください。

毎日新聞旅行のパンフレット申込み

関西大阪発

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ