HOME > 国内の旅・趣味の旅 > 城郭めぐり > 毎日城郭シリーズ 小笠原氏城館群

3日間

長野

毎日城郭シリーズ 小笠原氏城館群

■コース番号:4955

新コース

毎日城郭シリーズ 小笠原氏城館群
写真:林大城址(イメージ)
城郭めぐり

石垣が素晴らしい信濃守護の城址

 

小笠原氏城館群が残る松本市は、主なものだけでも山城が33ヶ所あり、それ以外にも砦、平地の城や館も含めると、合計90ヶ所以上の城館址が残ります。それらの山城は15世紀後半以降、小笠原氏や在地の武士によって相次いで築かれたと考えられ、とりわけ、武田氏が滅亡した後に徳川家康の支援を受けた小笠原貞慶が、木曾義昌や上杉景勝との戦いに備えて当時の最新の縄張りを意識し、本格的な改修をしたと考えられています。各城址には素晴らしい石垣が残り、現在も見学することができます。今回は松本市の城址に特化し、はやし3日間、小笠原氏城館群を探ります。

【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年6月05日(水) 1名1室 79,800円 催行決定 お申込み
写真:山家城址・石垣(イメージ)写真:山家城址・石垣(イメージ)

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員12名/添乗員同行します。
千里山バスまたは寝屋川バスまたは同等クラス
■食事条件 朝食:2回/昼食:1回/夕食:1回
■宿泊施設 松本市・ルートインコート松本インター(1名1室)
■その他 ツアーご参加の方には毎日新聞旅行オリジナルの「訪城証明書」をプレゼントいたします。
  • 基本スケジュール
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 大阪梅田8時発=○林大城址(国史跡で小笠原氏の居城。広大な主郭を守る無数の平場や空堀・土塁が特徴。比高180m)=○犬甘(いぬかい)城址(小笠原家家臣犬甘氏によって築かれた城址。現在は公園として整備されており、土橋などの遺構が残る。比高90m)=松本市(泊) ×
2日目 =○桐原城址(松本平の城の中では最も石積みが多用されている点や、壮大な畝状竪堀が特徴の山城。比高180m)=○林小城址(国史跡で小笠原氏の居城。鉢巻状の石積みや畝状竪堀が残る。縄張りから武田氏滅亡後の小笠原貞慶時代に改修されと考えられている。比高180m)=○埴原城址(天文19年<1550年>に武田氏がイヌイの城を落とすとの記録があり、この「イヌイの城」が埴原城と考えられている。30条近い堀切が残り、その中には幅約10m、深さ5mを有するものも残っている。比高200m)=松本市(泊)

×
3日目 =○山家城址(松本平の中では最も高い石積みを持った山城。5重堀切や畝状竪堀など見どころが多い城址。比高220m)=○伊深城址(5重堀切が残る城址。比高190m)=梅田19時ごろ着
×

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年6月05日(水) 1名1室 79,800円 催行決定 お申込み

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
お問い合わせ ・ お申し込みのFAXフォームのダウンロード
お問い合わせフォーム
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

毎日新聞旅行のパンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
毎日山の旅国内登山、海外登山、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年11月〜2019年5月出発を掲載)
「毎日文化探訪の旅」パンフレット
毎日文化探訪の旅城郭・歴史の旅、講師同行ツアー、海外旅行掲載のパンフレットです。(2019年1月~7月出発を掲載)
その他「旬の旅」、「毎日霊場巡拝の旅」のパンフレットがございます。
無料でお送りいたしますので、お気軽にお申込みください。

毎日新聞旅行のパンフレット申込み

関西大阪発

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ