HOME > 日本の山の旅 > 関東・富士周辺の山 > 大菩薩嶺

2日間

初級

大菩薩嶺

■コース番号:12142

大菩薩嶺
大菩薩嶺から見た富士山。写真は少し古いですが見事な富士山です(イメージ)
関東・富士周辺の山

大菩薩嶺 (だいぼさつれい)は、深田久弥著「日本百名山」では大菩薩岳の名前で紹介されており、中里介山の長編小説「大菩薩峠」で、より一層有名となった、と紹介されています。また、「大菩薩峠」の名前が文学に現れたのは、遥か以前に、樋口一葉の1895年(明治28年)の小説「ゆく雲」で紹介された、とあります。大菩薩嶺の山頂は三角点が設置されていますが、周りの樹木のため展望は開けません。しかし大菩薩峠からは、富士山をはじめ南アルプスの大展望が開けます。この大展望は絶対におすすめです。良く整備された登山道が続いていますので、初級者の方におすすめの山行です。ご参加をお待ちしています。

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2018年11月24日(土) 38,000円 あと2〜3名で出発
お申込み
2019年3月01日(金) 38,000円 募集中
お申込み

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員15名/添乗員同行します。
貸切バス会社名/千里山バスまたは寝屋川バスまたは同等クラス
■食事条件 朝食:1回/昼食:0回/夕食:1回
■宿泊施設 【1】唐松尾根分岐・山小屋
※山小屋は大部屋利用になります。
■歩行時間 【1】1km:約1時間/【2】4km:約4時間
■入浴 下山後に入浴をいたします。
■登山に不要な荷物 バスまたは宿泊先に置くことができます。
■装備 季節とコースに合った装備でご参加ください。冬季のアイゼンなど、当該の山行に特にご用意いただく装備がある場合はご旅行日程表でご案内いたします。
  • 基本スケジュール
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 大阪梅田8時発=(名神・中央道)=勝沼=上日川峠…唐松尾根分岐〈山小屋〉 ×
2日目 … 雷岩… 大菩薩嶺(2057m)…大菩薩峠…唐松尾根分岐…上日川峠…千石茶屋…裂石=勝沼=梅田21時ごろ着
×

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2018年11月24日(土) 38,000円 あと2〜3名で出発
お申込み
2019年3月01日(金) 38,000円 募集中
お申込み

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
お問い合わせ ・ お申し込みのFAXフォームのダウンロード
お問い合わせフォーム
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

毎日新聞旅行のパンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
毎日山の旅国内登山、海外登山、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年4月〜11月出発を掲載)
「毎日文化探訪の旅」パンフレット
毎日文化探訪の旅城郭・歴史の旅、講師同行ツアー、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年12月~2019年3月出発を掲載)
その他「旬の旅」、「毎日霊場巡拝の旅」のパンフレットがございます。
無料でお送りいたしますので、お気軽にお申込みください。

毎日新聞旅行のパンフレット申込み

関西大阪発

  • 初めての方へ
  • 登山に適したトレーニングとは
  • 登山装備の選び方
  • クラス分け及び年齢について
  • 登山スタッフの紹介

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

毎日山の旅日記 コラム「毎日山の旅日記」 山の旅に馴れた認定登山ガイドなど
山好きならではの視点からの
登山コラム

ページ先頭へ