HOME > 日本の山の旅 > 長野・新潟の山

日本の山の旅:長野・新潟の山

長野・新潟の山々は、アルプスと連ならない名山を紹介しています。いまだに活発な火山活動を続けている浅間山、噴煙を上げる白根山の本白根山は、コマクサの群生地としても有名です。浅間山の北西に位置する四阿山なども、長野県を代表する名山のひとつです。また、「北信五岳」と呼ばれる長野県と新潟県の境に位置する妙高山、斑尾山、黒姫山、戸隠山、飯縄山(飯綱山とも表記)は、それぞれが堂々たる山容、個性溢れる山なみで登山者たちに人気です。長野・新潟の登山ツアーには、「毎日山の旅」の経験豊富なベテラン山岳ガイド、日本山岳ガイド協会公認ガイドが皆さまをご案内します。

日本の山の旅:長野・新潟の山

●長野・新潟の山 一覧

<女性限定>上高地から徳本峠へ
3日間長野・新潟の山初級
<女性限定>上高地から徳本峠へ
古(いにしえ)の街道を紹介します。太古の昔の鎌倉時代から続く古の街道であり、ウォルター・ウェストン、高村光太郎や、芥川龍之介も越えた峠道で、歴史と伝説が残っている古道です。島々谷から徳本峠を越え、上高...
  • ■出発日:2018/9/30(日)/旅行代金:55,000円
  • 苗場山と巻機山
    4日間長野・新潟の山中級+
    苗場山と巻機山
    苗場山(なえばさん)は、長野県と新潟県の県境に位置し、深田久弥の著書「日本百名山」では、「苗場だけはまるで鯨の背のようにその厖大な図体を横たえている。」と綴られています。苗場山の頂上は台地上に広がり、...
  • ■出発日:2018/10/05(金)催行間近/旅行代金:91,000円
  • 越後駒ケ岳と平ケ岳
    3日間長野・新潟の山中級+
    越後駒ケ岳と平ケ岳
    全国に「駒」の名前のつく山はたくさんありますが、越後駒ケ岳(えちごこまがたけ)も堂々たる山容で、登山ルートは枝折峠からの往復ルートで歩きます。池塘で有名な平ケ岳(ひらがたけ)への登山は、早朝に出発。登...
    • ■出発日:2018/10/11(木)/旅行代金:83,000円
    荒沢岳・中ノ岳・八海山
    5日間長野・新潟の山熟達
    荒沢岳・中ノ岳・八海山
    荒沢岳(あらさわだけ)は、急陵な岩壁を従え、山容は極めて男性的で「越後の穂高岳」とも言われています。その名のとおり、鎖場や岩場、難所が続きます。中ノ岳(なかのだけ)は、越後三山の最高峰。南峰、北峰のあ...
    • ■出発日:2018/10/16(火)催行間近/旅行代金:150,000円
    紅葉の雨飾山と大渚山
    3日間 長野・新潟の山中級+
    紅葉の雨飾山と大渚山
    「雨飾山(あまかざりやま)と大渚山(おおなぎさやま)の紅葉はすごいよ。」と知る人は言います。また、雨飾山という山の名前も情緒溢れる名前です。大渚山も海辺ではないのに山名に渚が入っているのが不思議な山で...
    • ■出発日:2018/10/20(土)催行間近/旅行代金:68,000円

    ご予約・お問い合わせ

    電話でのお問い合わせ
    登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
    国内旅行:電話番号 06-6346-8800
    営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
    FAXでのお問い合わせ
    FAX番号:06-6346-8801
    お問い合わせ ・ お申し込みのFAXフォームのダウンロード
    お問い合わせフォーム
    ※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

    毎日新聞旅行のパンフレットをお送りします

    「毎日山の旅」パンフレット
    毎日山の旅国内登山、海外登山、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年4月〜11月出発を掲載)
    「毎日霊場巡拝の旅」パンフレット
    毎日霊場巡拝の旅四国八十八ケ所、四国別格二十霊場、秩父三十四観音霊場掲載のパンフレットです。(2018年秋の出発を掲載)
    その他「旬の旅」、「毎日文化探訪の旅」のパンフレットがございます。
    無料でお送りいたしますので、お気軽にお申込みください。

    毎日新聞旅行のパンフレット申込み

    関西大阪発

    • 初めての方へ
    • 登山に適したトレーニングとは
    • 登山装備の選び方
    • クラス分け及び年齢について
    • 登山スタッフの紹介

    山岳保険の加入をお勧め致します

    万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

    毎日山の旅日記 コラム「毎日山の旅日記」 山の旅に馴れた認定登山ガイドなど
    山好きならではの視点からの
    登山コラム

    ページ先頭へ