HOME > ウオーキングの旅 > ノルディックウォーキング > 淡路島・沼島ハイク

日帰り

兵庫

淡路島・沼島ハイク

■コース番号:1639

新コース

淡路島・沼島ハイク
写真:上立神岩(イメージ)
ノルディックウォーキング

国生み神話ゆかりの地を歩く

 

淡路島の土生港から南に約4.6kmに佇む、沼島。神々が創りだした最初の島という伝説が残り、島全体がパワースポットと言われています。イザナギ・イザナミの2神を祀るおのころ神社や航海の安全を祈願する沼島八幡神社、高さ30mを誇る上立神岩など、歴史と景観の両方を楽しみながら歩きます。昼食は、沼島で獲れた海の幸を召し上がって頂きます。

【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年2月13日(水) 14,800円 募集中 お申込み

※レンタルポール代金500円増し。ご希望の方は通信欄にご入力ください。

写真:おのころ神社(イメージ)写真:おのころ神社(イメージ)

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員15名/添乗員同行します。
貸切バス会社名/千里山バスまたは寝屋川バスまたは同等クラス
■食事条件 昼食:1回 民宿あさやま(地元の食材を使った海鮮料理)
※昼食は、島内ウォーク後の14時ごろを予定しております。
■歩行時間 7km:約3時間
  • 基本スケジュール
  • ここがポイント!
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 大阪梅田7時20分時発=土生港~沼島(おのころ神社・沼島八幡宮などガイドの解説を聞 いた後、島内を半周ウォーキング)~土生港=(入浴)=梅田19時30分ごろ着

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

両手にポールを持って歩くノルディックウオーキングは、誰でも簡単に始められるスポーツで、今やマスコミにも大きく取り上げられています。自然の景色や風を感じながら歩く「フィールドノルディックウオーキング」を楽しみましょう。

●有酸素運動によるダイエット効果
有酸素運動とは、酸素を普段よりも多く取り込みながら行い、楽しみながらできる運動です。充分に取り込んだ酸素を使って20分後あたりから体脂肪をおもなエネルギー源として利用できるため、ダイエットにも適した運動と言われてます。その有酸素運動でもっとも一般的なのがウオーキングです。

●90%の筋肉を使う全身運動
2本のポールを使い、上半身を使って歩くノルディックウオーキングは、カラダ全体の90%の筋肉を動かして歩きます。通常のウオーキングの約20~40%のエネルギー消費量が増し、1時間あたり約400Kcal(通常ウオーキング280Kcal)を燃焼させることが可能と言われてます。

●腰痛対策にも効果的
2本のポールを推進力として活用することで歩幅が拡がり、股関節周りが柔軟になります。また前屈みにならずに背筋を伸ばした歩行姿勢が取れることにより、腰痛対策にも大きな効果が得られます。

●気軽に誰でも参加できます!
ノルディックウオーキングは、年齢性別を問わず自分のペースで行えるスポーツです。ポールがカラダのバランス維持をサポートし、転びにくい歩行が行えます。血液循環システムを活発にし、動脈硬化の予防にも役立ちます。さらに公園や緑の多い中を歩くと脳の活性化にも有効的で、運動不足を解消したいシニア世代におすすめ出来る手軽なスポーツです。
【出発日】 【旅行代金(おひとり)】 【募集状況】 【受付状況】
2019年2月13日(水) 14,800円 募集中 お申込み

※レンタルポール代金500円増し。ご希望の方は通信欄にご入力ください。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
お問い合わせ ・ お申し込みのFAXフォームのダウンロード
お問い合わせフォーム
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

毎日新聞旅行のパンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
毎日山の旅国内登山、海外登山、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年11月〜2019年5月出発を掲載)
「毎日文化探訪の旅」パンフレット
毎日文化探訪の旅城郭・歴史の旅、講師同行ツアー、海外旅行掲載のパンフレットです。(2019年1月~7月出発を掲載)
その他「旬の旅」、「毎日霊場巡拝の旅」のパンフレットがございます。
無料でお送りいたしますので、お気軽にお申込みください。

毎日新聞旅行のパンフレット申込み

関西大阪発

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ