毎日山の旅日記

毎日新聞旅行

powered by 毎日新聞大阪開発株式会社

最新の記事

〜山記者の目〜 2018年07月09日 小野博宜

長野・新潟の山美ケ原

長野・新潟の山/美ケ原
美ケ原という名前には、どこか洗練された響きがある。明治維新より後、観光というものが意識されるようになってから、その名がつけられたのではないか。そう思う人もいるだろう。名著「日本百名山」で、著...

〜山記者の目〜 2018年06月29日 小野博宜

関東・富士周辺の山花咲く宝永山(2693m)

関東・富士周辺の山/花咲く宝永山(2693m)
月面のような、荒涼とした登山道を踏みしめて、富士山の側火山である宝永山の山頂を目指した。この山が、江戸時代の大噴火で生まれたことはよく知られている。富士山を静岡県側か...

〜山記者の目〜 2018年06月26日 小野博宣

北陸の山緑の夜叉ケ池、やぶ山の三周ケ岳

北陸の山/緑の夜叉ケ池、やぶ山の三周ケ岳
緑の密度が濃い。登り始めてからほどなくして、そう感じた。草花から樹木まで無数の植物が呼吸を重ねている。その息遣いと、体温までが肌を通して伝わってくるようだ。福井県と岐阜県境に位置する夜叉ケ...

〜山記者の目〜 2018年06月07日 小野博宣

関東・富士周辺の山江戸情緒を伝える丹沢・大山(1252m)

関東・富士周辺の山/江戸情緒を伝える丹沢・大山(1252m)
「大山は丹沢山塊の別格」(『日本百名山』丹沢山)。そう記したのは、随筆家の深田久弥氏だ。しかし、この「別格」はほめ言葉ではない。この前段で「現代の登山者は........因縁じみた人間臭い...

〜山記者の目〜 2018年06月01日 小野博宣

関東・富士周辺の山潮騒の塔ノ岳

関東・富士周辺の山/潮騒の塔ノ岳
丹沢は、潮騒を感じる山だと思っている。春から初夏にかけて、山を吹き抜ける涼風にどこか潮の湿り気を感じる。丹沢山地から太平洋までは約20km。海に近く、天候の変化が早い。山岳の予報を手が...

〜山記者の目〜 2018年05月30日 小野博宣

関西/大阪・兵庫の山六甲山・水の山

関西/大阪・兵庫の山/六甲山・水の山
「水車新田」という地名を、六甲山中に見つけた。「山の中の水車」とは何だろうか。早速見に行くことにした。標高約240mの六甲ケーブル下駅の間近に、その住所は...

ページ先頭へ